2019年10月01日

気象予報士試験講座(学科一般)のご案内

東京学芸大学で、気象予報士試験対策講座(学科一般)を開催します。
11月17日開催です。(募集期間:9月15日〜10月27日)

この講座では、2020年1月に実施予定の気象予報士試験に向けて、
「大気の熱力学」「降水過程」「大気の力学」の分野を中心に学習します。
最近の出題傾向を把握するために、演習問題にも取り組みます。

http://www.u-gakugei.ac.jp/seminar/2019/86.html

大学の市民講座なので、良質な講義を格安で受講できますよ😉

bill_koukai2019.jpg
posted by 飯沼 孝 at 11:53| Comment(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

第50回 気象予報士試験解答速報(学科) まもなく!

気象予報士試験受験者の皆様、昨日は、お疲れさまでした(*^^*)

本日27日の夜までに、当ブログにて、学科の解答速報を出しますので、お楽しみに♪
posted by 飯沼 孝 at 14:55| Comment(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

気象予報士試験講座のご案内

私が講師をしている資格スクエアの気象予報士試験講座のご案内です!

【気象予報士講座】

合格率5%程の難関資格ですが、科目毎に合格を目指せば、試験の突破率は12.9%にまでUPします。

資格スクエアでの講義は、科目毎で受講した場合、8月までの受講期限で9800円(税込)〜始めることができます。

1月に試験が終了したばかりなので、今から勉強を始めれば、次回8月の試験まで一番長く学習時間を確保できます。

学習の進め方も掲載していますので、是非ご注目ください。

「気象予報士講座」詳細はこちら
posted by 飯沼 孝 at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

気象予報士の密会 24年間お疲れ様でした!

NHK気象解説者として24年間もの長きに渡り活躍した渡辺博栄さん、NHK大阪をメインに土日祝日は東京NHKにも出演している南利幸さん、天気検定協会理事で、中学受験家庭教師のカリスマとして活躍著しい安浪京子さんと、先日、密会しました(笑)

13119126.jpg

渡辺さん、テレビの印象と違って、よく喋ります。南さんもダジャレを交えてよく喋るのですが、南さんの出番がないほどです(笑)

実に楽しく、有意義な飲み会でした!
posted by 飯沼 孝 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

荒川河川敷を自転車で北上!が・・・

GWのさなか、朝起きたら、なぜか急に自転車で荒川河川敷をひたすら北上したい!と思い、実行。
自転車と言っても、前カゴ付きのシティータイプ(笑)
まあ、風景を楽しみながらのんびり走るつもりだからいいや🎵

緑が映える河川敷、気持ちがいい🎶

IMG_20160505_114620.jpg

IMG_20160505_111110.jpg

IMG_20160505_122339.jpg

IMG_20160505_114253.jpg

ところが、川越市に入ったところで、急に小江戸川越の町並みを見たくなり、荒川から戦線離脱(笑)。

んで、川越の蔵造りの町並みを中心に散策&食べ飲み歩きをしてきました!!
お酒もちょっぴり飲んだわね🎵

IMG_20160505_140713.jpg

IMG_20160505_152353.jpg

IMG_20160505_152554.jpg

IMG_20160505_152631.jpg

IMG_20160505_152408.jpg

13124627_1035480933195575_8749818967078397627_n.jpg

IMG_20160505_153150.jpg

IMG_20160505_153252.jpg

でなわけで、なんだかんだで、自転車で60qくらいは走ったかな!

かなり日焼けもした、ある意味、贅沢な一日でした😃
posted by 飯沼 孝 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

人と犬の体感の違い

うちでも犬を飼っていますが、夏場の暑さはかなり堪えるようです。日中の気温が25℃を超えるような日は、朝の散歩のときから「ハーハ−」言って、冷たい濡れ草の上や日陰の冷たいコンクリートの上に、おなかをつけてへたりこみます。

TS3E02720001.JPG
 愛犬のジャスミン(女の子)

そんな様子を見ていると、人と犬の体感には、かなりの隔たりがあるようです。
たとえば、人が暑いと感じるようなときは、犬にとっては、死ぬほど暑い感覚のようです。

そこで、人と犬の体感を気温の気象用語を交えて比較してみました。たとえば、夏日(最高気温が25℃以上の日)のときは、犬にとっては真夏日(最高気温が30度以上の日)の感覚です。

 人にとって わーい(嬉しい顔)   犬の感覚 犬
  真冬日   ⇒   冬日
  冬日    ⇒   涼しい
  涼しい   ⇒   快適
  快適      ⇒   夏日
  夏日    ⇒   真夏日                            
  真夏日   ⇒   猛暑日                            
  猛暑日   ⇒   酷暑日


真冬日=最高気温が0℃未満の日  冬日=最低気温が0℃未満の日
夏日=最高気温が25℃以上の日  真夏日=最高気温が30度以上の日
猛暑日=最高気温が35度以上の日  酷暑日=最高気温が40℃以上の日
※“ 酷暑日 ”は気象用語ではありません。

もちろん、犬種や大きさによって感じ方は違ってくるので、愛犬の体感については、飼い主さんがしっかり見きわめてあげてくださいね。特に小型犬は、寒さについては人並みの感覚に近いようですよ。

posted by 飯沼 孝 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

飛んで飛んで飛んで回って回って・・・

タイトルのこのフレーズにピンときた方は多いはず。そうです。円広志さんの名曲「夢想花」の歌詞の一部です。

大好きな曲で、カラオケに行ってはよく歌っていました。ただ歌うだけでなく、「飛んで飛んで・・・」のところでは、ジャンプしながら歌い、「回って回って・・・」のところでは、ぐるぐる回りながら歌い、最後のフレーズの「まわる〜」のところは「でんぐり返る〜」と歌いながらでんぐり返しをして歌っていました。
結構体力を使って息切れしたものです。

さて、そんな血気盛んな頃、ABC朝日放送のラジオ番組(どなたの番組か忘れましたが・・・)のゲストとして円広志さんが来ていたのです。わたしはその番組の天気コーナーを担当していました。パーソナリティーとゲストと一緒に掛け合いで天気予報を伝える形式です。

天気コーナーの前のCM中に、わたしはスタジオに入るのですが、スタジオに入ったわたしは、ゲストの円広志さんの前で何をしたと思います?結構広いスタジオだったのですが・・・。

なんと、円さんの前で、カラオケでやっていることをしてしまったのです。ジャンプしたり、くるくる回ったりしながら、「飛んで飛んで飛んで、まわってまわってまわる〜」とご本家の前で歌ったのです。(CM中ですよ)

さて、円さんはどんな反応を示したでしょうか。三択です。

@ 怒ってしまい、天気コーナーが始まる前にスタジオから出てしまった。

A 大笑いしてくれて、「今度自分の番組に出てほしい」と言われた。

B 唖然として目が点になり、「何ですか?この人・・・」と言われた。

正解は、こちら!

posted by 飯沼 孝 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

オンエアに寝坊したことありますか?

なんともドキッとするタイトルですが、実はわたしはあります。

20代後半のころだったでしょうか。大阪の某放送局のラジオ番組でのことです。

オール阪神・巨人さんの番組の中で、阪神・巨人さんと掛け合いでする天気コーナーがあったのですが、それは、たしか土曜日の昼過ぎの時間帯だったと記憶しています。

わたしは、当時、某大手民間気象会社の社員でしたが、超過激勤務(月3日くらいしか休みがなかった!)で、その日も早朝から朝の勤務が終わって、午後からの勤務(この日は出演)に備えて、昼前のひととき、放送局の隣のマンション(会社の指示で、何かあったときにすぐに駆けつけるようにと、局のすぐそばに住まされていた)の自室で仮眠していました。

熟睡している中、突然電話がなり・・・、時計を見ると・・・、この電話が局からとすぐに悟り受話器を取ると、「飯沼さん!出番です!」

やばい!急いで隣の局まで走り、スタジオに駆け込みました。当然、コーナーを入れ替えているかと思ったのですが、なんと、コーナーを入れ替えず、阪神・巨人さんは、それをお笑いネタにしていたのです。

「飯沼さん来ませんねぇ〜」「予報が外れてどこか逃げちゃったんですかねぇ〜」などと、寝坊したことを、巧みな笑いネタにして引っ張っていました。そこへ私が息を切らして入ってきたときも、それを笑いネタにしたのです。

なんともすばらしい人たちです。さすが大阪、さすがお笑いのプロ!

完全なる私の失態を、コーナーを変えず、それを笑いネタにして番組を盛り上げ、結果、私を救ってくれたのです。オール阪神・巨人さんの番組では、いつも楽しく天気番組ができていたのですが、この時ほど、お二方の人柄に感銘を受け、感謝感激したことはありません。オンエアが終わったあとも、何のおとがめもなく、番組スタッフの皆様にも感謝です。

これが東京キー局だったら・・・。今の時代だったら・・・。考えただけでも、あー恐ろしい!

オンエアに携わっている皆様、これは特例中の特例です。くれぐれも寝坊などしないように注意してくださいね。私はそれ以来、目覚ましを2個、時間差で鳴るように、しかもベッドから離れたところに別々に置くようにしました。


大阪でのラジオ番組では、他にもいろいろなエピソードがありますので、そのうちまた取り上げたいと思います。

posted by 飯沼 孝 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

予報をハズしたときの気象キャスターの反応

天気予報が大きくハズレることってたまにあります。

前日夕方の天気予報では「あすは雨の心配はありません。行楽日和になるでしょう」と自信を持って言っていたにもかかわらず、当日は午後から予想に反して、雷を伴った激しい雨が降ってしまった。

さて、予報を見事ハズしてしまった気象予報士は、その日の夕方の天気予報の中で、どうコメントなり反応したりすると思います?

続きを読む
posted by 飯沼 孝 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

第1回気象予報士試験の出来事

忘れもしない、第1回気象予報士試験。
それは、8月の蒸し暑い日でした。

私が受ける試験会場は、とある有名国立大学の校舎。
当時は、校舎の修繕?工事中で、
校舎の壁一面がブルーシートで覆われていた。

続きを読む
posted by 飯沼 孝 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする